テラス屋根の事のなら当店へ。施工例も紹介。エクステリアのプロがおすすめテラス屋根を提案します。

0120-085-522

ホーム > 屋根材の種類と効果

屋根材の種類と効果

1ヴェクターバナー

屋根材の種類と効果について

ポリカーボネイト(現在)とアクリル板(過去)

どちらのメーカーも現在の基本的な材料はポリカーボネイトが主流となっています。

ほんの10年前ですとアクリル板という見た目は全く変わらない商品が主流でした。

しかしアクリル板は年数の経過とともに、硬直化し少しの衝撃で割れて今しました。

そこで登場したのがポリカーボネイとです。何が違うのかというと、見た目はわかりません。

素材に粘りがあります。新品のアクリル板を手で半分に折ってみると「パリンッ」と割れてしますますが

ポリカーボネイトは素材に粘りがある為、半分に折ってみると素材に白い筋ができて割れずに折れ曲がります。

その為、台風が来たあと少し昔なら、屋根材がバキバキに割れたカーポートをよく見たのですが、現在ではほとんど見なくなりました。

現在ではポリカーボネイとの素材自体の価格も安くなりわざわざアクリル材を使用することはどのメーカーもなくなってしまいました

ポリカ

 

熱線遮断仕様とは

各社メーカーによって言い回しが異なりますが基本的な効果は同じようなものとなります。

ここで野説明はYKKAP製の物を説明させていただきます。

旧来のポリカーボネイト板はポリカーボネイト板の採光性や耐衝撃性はそのままに、熱による屋根下のインド上昇を抑える為に開発されました。

見た目はメーカーによって変わりますが、YKKAP製のモデルはマット調(すりガラス)になっております。

熱線を遮ることで室内の温度上昇を防ぎエアコンの効きをよくさせ省エネ効果を得られるというものです。

 

熱線

熱線2


PAGE TOP